握手会の話

どこに書こうかと思いましたが、気軽に書くならやっぱりブログですかね。

2/25に座間で会場責任者の方とお話したときに、握手会の話があったので、ちょっとここに書きたいと思います。

握手会って、「高速」とか「超高速」ってイメージがありますけど、普段の握手会は結構ゆっくりめらしいです。
実際のところもっと早くできるって言ってました(笑)

そして、握手の速度を決める要素というのはメンバーの呼吸なんだそうです。
メンバーの呼吸を見て、その呼吸のリズムに合わせて流しているとのことなので、リズムが崩れるとメンバーもスタミナを余計に消費して疲れやすくなるんでしょうね。

複数のメンバーがいる握手会などでは、推しメンの関係もあってある程度は仕方ないと思いますが、ある人は『速く、速く、ゆっくり、速く』またある人は『速く、ゆっくり、速く、速く』というように、一人が長い時間粘ったりすると、他の人もやっていいと思ってしまうので、どんどんリズムが崩れてしまって、そのリズムを元に戻すにはすごく時間がかかって大変らしいです。

リズムが崩れると、時間の配分もおかしくなって、前半や後半で得をする人と損をする人が出たりもするので、できるだけこういう不公平も無くしてあげたいとも言ってました。


好きなメンバーの前に長い時間いたい気持ちは解るけど、メンバーのリズムを乱さない程度のほどほどにしておくのがいいみたいですね。
その方がファン同士にとってもいいし。
[PR]
by heartproject | 2006-02-28 01:55 | ハロプロ関連
<< 握手会関連の話 娘。コン2006春 初日 座間 >>