十日町雪祭り

朝、家でパーティ~市川の一般発売を無事購入してから、急いで出発。
新幹線で越後湯沢まで行って、あとは特急なので結構楽チン。
それにしても、越後湯沢で乗り換えるときに、雪の凄さが半端じゃない!
積雪量が人の背の高さを余裕で超えてますよ…のの風に言うと、全てがソフトクリームといった感じ。
そんなこんなで車窓の大自然を眺めながら十日町に到着。
階段を降りると…何だか人が携帯持って立ち止まってる…。
あぁそう…松浦さんもうすぐ来るんだ…んっ?この電車?
なんて思ってたら、僕の近くを松浦さん通過、でも地元の人もそれほど多くなかったし、ファンもあまりいなかったので比較的静かにバスに乗り込んでいきました。

f0067552_2371051.jpg


少し街中を歩いてみましたが、これですよこれ!
まさに雪の壁ってやつです。

f0067552_238293.jpg


会場まで歩いて行こうと思ったのですが、駅の反対側に出たみたいなのと、地元の人と話をしたかったので、タクシーに乗ることに。

前日は雪が降って寒かったらしいですが、この日は天気が良くて春みたいらしいです。
それは横浜から来た人間にとっては助かった。
少し話をしていると、運転手さんもファンだとわかったようで、「ダブルユー来れなくて残念だったね」と話してきた。
この運転手さんは、最近の中高生は結構タバコ吸ってるのに、芸能人ってことでいろいろ言われるのはかわいそうって言ってましたが、ダブルユーが来ないということで結構払い戻しがあったらしいとも言っていました。

ちなみに、辻ちゃんと加護ちゃんはモーニング娘。を卒業していることってどれくらい認知されているのかを聞いてみると、子供さんのいる家庭だと、結構そこら辺のことは知っているらしく、運転手さんも中学生のお子さんがいて、ちゃんと知っているらしいです。

他にも、雪祭りの出演者は帰りはタクシーで会場から駅まで送るとか、途中の小学校でタクシー待機してて、そこに行けば芸能人と会えると教えてくれましたが、「僕に教えても意味が無いですよ~」と心の中で思ったり(笑)

会場までは途中から歩きで山を登るので、少し話したくらいでその入り口に到着。
雪祭りのパンフレットまでくれて、とても親切な運転手さんでした。

山を少し登って、会場前の広場に到着。
雪道をてこてこ歩いていると、「雪祭りのスタートです」とアナウンサーの声が。
カーニバルの開演まで時間があるのにずいぶん早い時間から始まるんだなぁと思っていると「それでは素晴らしいゲストのみなさんを紹介します、松浦亜弥さん」とか…。
えぇ~ちょっと待ってよ、まだステージの前まで行ってないから(笑)
ちょいダッシュすると、なんとそれはリハーサルでして、ほっと一安心。
でもちゃんと松浦さんがいました。

続いて、歌のリハーサル!
普段でもなかなか見られないリハーサル風景を生で見られるんですよ、これはスゴイ!
松浦さんは三曲を歌ったんですが、時に真剣に、時に笑顔を交えながら音を確かめてたり、途中で松浦さんの大好きなお子ちゃまが「ぁゃゃ~」と声をかけると、何度も優しく手を振り返したり、ほのぼのしててとてもいい感じでした。

リハーサルが終わって、入場列に並んだのですが、ここから1時間ちょい待つ…少し寒くなってきた。
列には良く見る顔がたくさんいましたが、ゴミをまとめておいて、どうしたらいいか係員に聞いているグループがいて、その後係員の指示通りに広場のほうにゴミを運んでいくなど、環境への配慮が見られたのはとてもよかったです。

ようやく開場になって、Aゾーン(立ち見)のなかなか良い位置をGETしたものの、開演まで1時間半待つことに…途中ダブルユー出演中止についての文面が画面に表示されたりもしました。

f0067552_320196.jpg


それにしても、寒い…体とホッカイロを持っている手は大丈夫なんですが…足がヤバイ。
靴の中にホッカイロを入れて耐えましたが、温まってるんだか温まってないんだかよくわからないくらいです。

そんな困難を乗り越え、十日町雪祭りがついに開演。
松浦さんは白いモコモコした衣装でオープニングに登場して一回掃ける。
松浦さんには素手で手を振ってあげたかったので、手袋を外してカイロもポケットに入れましたが、夜になってだいぶ冷えてきたので素手でいるだけですぐに感覚がおかしくなってしまいます。
しかし、この後出てきたアルビレックス新潟のチアリーダー達は、生足のへそだしというすごい状態で踊ってました(笑)
もちろん笑顔で…ときには雪のステージに横になったりもするし、すごい根性だなぁ。

そして、結構序盤のほうに松浦さんの出番が回ってきて、新曲を含め三曲を歌いました。
途中のMCでは今年で二十歳になる話とか、成人式の話とか出ましたが、松浦さん自分で「今年で"二十歳"になるんですけど」って強調して言ってたので、年齢査証疑惑をまだ気にしてるんですね(笑)
詳しい内容はネタバレになっちゃうので、25日にBS第二(たしか)で放送される内容をチェックしてくださいね~。

カーニバルが終わって、手の感覚も完全に無くなって(笑)再び手を温めながら、行きとは違う道で山を降りていたら、こんな物体があったり…いやはやよくできてますなぁ。

f0067552_3361594.jpg


駅に到着して、電車を待っていると、東京への最終の電車だったので、松浦さんも同じ電車。
もちろん車両は違いますけど、さすがに同じ電車で帰るファンも多かったので、少し人の集まってるところがありました。

越後湯沢で新幹線に乗り換えるときも、松浦さんとスタッフさんがホームを歩いているところが見えましたが、一つ気になったことがある。
「松浦さん、頼むからホームの端を歩かないで!」
遠かったので本人じゃなかったかもしれないし、すでに人がホームにたくさんいたから端を歩くしかなかったのかもしれないけど、つまずいたり、ふらついたり、誰かとぶつかったりしたら怖いから、十分に注意してほしいです。
[PR]
by heartproject | 2006-02-19 03:55 | ハロプロイベント
<< 久々にハロ探!強化 歌が戻ってきた >>